映画情報

映画:ヘレンケラーを知っていますか

映画:ヘレンケラーを知っていますか

盲聾の老女と、生きる意味を見失った少年の偶然の出会いから始まる、感動の物語「ヘレンケラーを知っていますか」。
この映画は、金子みすゞの詩「私と小鳥と鈴と」の一節、「みんなちがって、みんないい」をテーマに、生命の根元である「愛」を問う作品となっています。
文化庁の支援を受けて、山口県映画センターが、山口県に実在する人物をモチーフにして、企画・製作した作品は、様々な問題を抱えた現代社会に一石を投じる映画となり、2006年7月12日には文部科学省特別選定※に決定されました。
監督は、ハンセン病、教育、障害者問題等々、一貫して社会に問い続ける作品を送り出してきた中山節夫。主演の盲聾の老女には、NHKドラマ「おしん」で世界中に名を知られた小林綾子が扮し、15歳から78歳までの役を一人で演じ抜く姿も見物です。ほかに夏八木勲、高橋長英、左時枝、倉野章子などの演技派が重厚に脇を固めます。音楽・小室等、撮影・古山正。(上映時間:105分 カラー/ヴィスタサイズ)
※分類:社会教育(教養)/対象:少年向・青年向・成人向/教科等:教養・情操

◆監督:中山節夫 ◆脚本:下島三重子
◆出演:小林 綾子/登坂 紘光/鈴木 重輝/左 時枝/倉野 章子/高橋 長英/夏八木 勲(特別出演)
◆企画・製作:映画「ヘレンケラーを知っていますか」製作委員会/(有)山口県映画センター/山口県シネクラブ協議会
◆配給:H&Mインコーポレーテッド  2005年/日本/カラー/ヴィスタサイズ/105分

平成17年度文化庁文化芸術支援作品/文部科学省特別選定作品 /日本PTA全国協議会特別推薦